【実践】簡単!ゆで卵の作り方~コツと喜ばれるアレンジ方法~

料理

ゆで卵なんてただ茹でるだけだから簡単だ、と思っていませんか?実は意外と難しいんです!!

しかし、正しいポイントをしっかり理解していれば失敗することなく作れるので安心してください!

今回ゆで卵のコツと、さらにゆで卵から作れて出すと喜んでもらえるレシピを紹介していきます。

ゆで卵の作り方

まず、ゆで卵の基本のレシピは

卵がしっかり浸る量の水を鍋に用意し、優しく卵を入れる。

②このままグツグツと好みの固さになるまで茹でる。(半熟6分、固茹で12分が目安

③好みの固さに茹で上がったら、卵を冷水で冷やす

④冷めてきたら殻をむいて、完成!!

とこんな感じです。レシピだけ見れば、本当にシンプルで簡単そうだと思いますね?

でも、私はこのシンプルなゆで卵が何度やっても作れませんでした…。

そこで私が失敗する原因をネットでたくさん調べ、間違っていた事に気づきました。その原因をまとめてみます。

上手く作れない原因

  • そもそも手順を理解していなかった
  • 卵に水が半分しか浸かっていなかった
  • 茹でる時間の目安を知らなかった(早すぎた)
  • 冷水で冷やさずに熱いまま殻をむいていた

この4点が、私の間違っていた事です。

レシピと見比べるとひとつも出来ていないので、成功するはずありません(笑)

ただレシピに忠実に作ってみた所ちゃんと成功したので、皆さんはレシピ通りに作ってくださいね!

ここで、茹で時間を測るのが面倒くさいという時に良いものを紹介します。

↑↑これはDAISOで購入した、卵が今どの固さになっているか色の変化で分かる便利グッズ!

本当に便利で、私もこれのおかげで上手く作れるようになったと言っても過言ではないくらいです。

初心者の方はこういうグッズを使うのもアリだと思います(*^^*)

↑↑これも100均の便利グッズ!茹でる前に卵に穴をあけて、殻をむきやすくするというもの。意外と殻をむくときに失敗することが多いので、こういうものが役に立ちます!!

ゆで卵のアレンジ

味玉

ゆで卵に飽きたという方は、ここから味玉に変化させる事ができます!

ゆで卵を作ってめんつゆに漬け込むだけで、簡単に出来ます。

私は今回このようなめんつゆを使いましたが、何でもOKです!

↑この写真は一晩漬けこんだ卵です。色むらもあるし中の色が変わっていませんが、味はしっかりついていて美味しかったです!

POINT➡タッパーだとつゆが半分しか漬からないので、色ムラができてしまう。なので、たまに転がすことが必要。ジップロック等袋タイプの方が楽にできるかも。

たまごサラダ

次はたまごサラダに変化させます。

手順は、ゆでた卵をつぶし、マヨネーズと塩コショウを混ぜるだけ!

POINT➡卵をしっかりつぶすことが大事。そうするとより滑らかで美味しくなる。

これをパンにはさめば、たまごサンドにもなります。

どちらのアレンジもゆで卵を作ってしまえば超簡単なので、やってみてはいかがでしょうか?

まとめ

ゆで卵のポイントは

  • 卵が浸る程のたっぷりの水で茹でる
  • 茹で時間を測る
  • 茹だったら冷まして殻をむく

の3点がとっても大事です。

そして、ゆで卵から変化させて味玉やたまごサラダ、他にも違う料理を作れます。なので、色々楽しんで試してみてください!

料理初心者は100均の便利グッズを活用するのもおすすめ!少しでも楽に作ることで苦手意識が減って良いと思います(^^♪

スポンサーリンク
料理
News ShootingStar

コメント

タイトルとURLをコピーしました