七夕の短冊2歳児の願い事例は?保育園などでの書き方を紹介!

ネタ

保育園や幼稚園では7月7日の七夕に向けて、短冊に願い事を書くことがありますね。

自分で考えて字をかける4歳以上はよいですが、3歳以下のお子さんはまだ自分で短冊を書くことが出来ません。

そんな3歳以下のお子さんを持つ親御さん達は短冊に、どう書いてよいのか悩みのタネだと思います。

そんな方々の為に、七夕短冊の願い事例をいくつか紹介していきます!

この記事では、2歳児に焦点を当てて願い事の例をまとめてみました。

良かったら参考にしてください!!

この記事で分かること↓↓

  • 七夕の短冊2歳児の願い事例
  • 保育園での書き方のポイント

七夕の短冊2歳児の願い事例は?

短冊画像

2歳児の短冊には、『子供の願い事を親が代弁して書く』場合と『親が子供に対する願い事を書く』といった2パターンがあります。

子供の願い事例

  • (好きな乗り物)に乗れますように!
  • (好きなキャラクター)に会えますように!
  • おもちゃが欲しいです!
  • お友達とたくさん遊べますように!
  • お姉ちゃんお兄ちゃん(おじいちゃんおばあちゃん)とたくさん遊べますように!
  • (好きな食べ物)がいっぱい食べたい!
  • (将来の夢)になれますように!
  • プールや公園に行けますように!
  • 動物に会いたい!
  • お歌が上手になれますように!

以上が子供の気持ちになった場合の例となります。

現在お子さんの好きなものを想像して、そこから代弁したような願い事が多い傾向がありました。

親の願い事例

  • 健康に育ってくれますように
  • 家族全員元気でいられますように
  • 毎日笑顔で過ごせますように
  • 野菜嫌いが減りますように
  • ご飯をたくさん食べて大きくなりますように
  • 保育園、幼稚園で楽しく過ごせますように
  • 楽しく幸せな人生を歩めますように
  • 伸びやかに育ってくれますように
  • 人を笑顔にさせる子に育ってくれますように
  • 怪我が減りますように
  • みんなと仲良くいられますように
  • 何事もなく育ってくれますように
  • アレルギーがなくなりますように
  • 早くおむつが取れますように
  • 病気をしませんように
  • 優しく素直な子のままでいてくれますように
  • 誰よりも幸せでいてくれますように

以上が親御さんの願い事例です。

お子さんの気持ちを代弁する例よりも、はるかに親の願い事例の方がたくさんあります。

子供がどんな風になってほしいか考えたら、きっと願いはキリがないでしょうね。

なので、2歳児は親の願い事を書くほうが悩まなくても良いかもしれません!!

短冊の書き方に正解はあるのか?

短冊画像

結論をいうと、これが正解なんて決まりは特にありません。

なので、好きなように自由書くのが正解なんです!

保育園によっては、子供用と親用の短冊2枚渡される事もあるようです。

そんな時には、上にあげた例を参考にしていただけたらと思います。

人によっては子供に願いを書かせるのではなく、自由に絵を書いてもらうといった方もいらっしゃいます。

2歳児なら、まだ字を書いたり願い事なんてわからないので、好きな絵を書いてもらうというのも良い方法かもしれませんね(*^^*)

保育園での書き方のポイントは?

短冊画像

保育園に飾るとなると不特定多数の方が目にするので、書き方にポイントがあります。

  1. 全てひらがなで書く
  2. 油性ペンを使ってはっきりと書く
  3. 誰が読んでも笑顔になる願いを書く

この3つがポイントです!!

①は、中にはひらがなが読めるお子さんもいるので、自分で読んで楽しめるようにするため。

②は、もし外に飾っていた場合、雨に濡れても大丈夫なようにするため。

③は、他の親御さんやお子さんが読んで、不快にさせてしまうのを防ぐため。

これらを気をつけさえすれば、後は自由に楽しく書けばOKです\(^o^)/

2歳児にひらがなを教えるコツ

絵本画像

2歳でも、短冊に自分で書かせたい!という方もいると思います。

まず、ひらがなを書けるようにするためには、第一にひらがなが読めるようにすることがポイントです。

そうしなければ書くことは出来ません…。

具体的には、絵本を一緒に読みながら教えたり、知育玩具を使って遊びながら学べば、楽しく覚えてくれます。

そして、読めるようになったらドリルなどを使って、実際に書いていくとよいです。

なので、自分で願い事を書いてもらいたいという親御さんは、まずひらがなを読めるようにさせてみましょう!!

まとめ

七夕が近づいてくると、短冊に何を書こうかと悩む親御さんがたくさんいらっしゃいます。

特に3歳以下のお子さんはまだ自分で字を書いたり、自分の願い事なんてまだ話せないため特に困りますよね。

今回は2歳児を中心にまとめてみましたが、これは3歳以下の全てのお子さんに使える例文だと思います。

小さいうちは、迷ったら親から子供に対する願い事を書くのが1番良いのではないでしょうか?

しかし、七夕の短冊にルールなんてないので、あまり考えすぎず思いついたことを自由に書いてみてください!

皆様の願い事が叶いますように(^^)

スポンサーリンク
ネタ
News ShootingStar

コメント

タイトルとURLをコピーしました