耳をすませばの実写が最悪!やめてとの声が続出のワケは?

エンタメ

「耳をすませば」実写映画化について詳細が発表されました。

他の作品ならキャスティングに批判殺到しますが、「耳をすませば」に関しては作品自体に批判殺到しています。

今回はどうして世間に“最悪”“やめて”と言われるのか、自分なりにまとめてみました!

この記事で分かること↓↓

  • 耳をすませばの実写“やめて”と言われるわけ
  • 実写化に対する世間の声
  • 実写「耳をすませば」詳細

耳をすませばの実写“やめて!”と言われるわけは?

耳をすませば原作画像

実写映画のテーマは“耳をすませばからの10年後…”という設定です。

今回の耳をすませばは、“原作漫画”の方を実写化するという事ですが、多くの人に認知されているのは“ジブリ版”の耳をすませばです。

だから、主人公達の将来の夢や楽器等の設定にもズレがあるのですが、このことを知っている人はあまりいません!

☆私も原作は知らないので、ここから先は“ジブリ作品の実写”という見方をしていきます。

反対の声には、“ジブリ作品の耳をすませばからの10年後…”というのを想像している方が圧倒的です。

なので、実写やめて!最悪!と言われる理由になっているのではないかと思います。

そして『ジブリ特有の世界観が壊されてしまうこと』、これが反対される1番の理由だと私は思います。

後は『作品を観た人が想像していた未来の姿が崩されてしまうこと』も原因にあると思います。

実写映画化というのは必ずどんな作品にも反対意見はありますが、ジブリという事で特に厳しいです…。

Twitterの声

やはり同じような意見がたくさん見つかりました↓↓↓

Twitter画像
Twitter画像
Twitter画像
Twitter画像
Twitter画像

どちらかというと、私もジブリ作品の実写は反対派です!

ジブリの世界は、アニメでしか表現出来ないことも多いですからね…。

耳をすませば [DVD]
ジブリがいっぱいCOLLECTION 『耳をすませば』 月島雫は、明るく読書好きな女の子。中学3年になって、周りは皆受験勉強で一生懸命なのに、いつも学校の図書館や市立図書館で本を読みふけっていた。雫はある日、図書館の貸し出しカードに「天沢聖司」という名前を発見する。雫が読む本には必ずといっていいほどその名前があった。や...

映画「耳をすませば」詳細情報!

耳をすませば画像
STORY

中学生の月島雫と天沢聖司は「お互いきっと、夢を叶えよう」と誓い合った。
〜あれから10年、24歳になった月島雫と天沢聖司。
雫は小説家になるのを諦め、出版社で働いていた。一方聖司は、夢を追いかけ続け海外で暮らしている。
2人の間には距離が生まれていて…。

映画は、完全オリジナルストーリーです。

  • 公開時期⇒2022年10月14日
  • 出演⇒清野菜名、松坂桃李、安原琉那、中川翼
  • 監督⇒平川雄一郎(過去作品:約束のネバーランド、記憶屋、ROOKIE卒業など)
  • 原作⇒柊あおい「耳をすませば」(集英社)
  • 配給⇒ソニー・ピクチャーズエンタテインメント/松竹

楽しみにしている方の声!

観たくないという声がほぼ占めていますが、中にはもちろん「観たい!」という声もあります。

Twitter画像
Twitter画像

果たして映画が予想を裏切り成功するのか、やはりコケてしまうのかどちらになるのか結果が楽しみです。

耳をすませば [DVD]
ジブリがいっぱいCOLLECTION 『耳をすませば』 月島雫は、明るく読書好きな女の子。中学3年になって、周りは皆受験勉強で一生懸命なのに、いつも学校の図書館や市立図書館で本を読みふけっていた。雫はある日、図書館の貸し出しカードに「天沢聖司」という名前を発見する。雫が読む本には必ずといっていいほどその名前があった。や...

まとめ

「耳をすませば」が実写映画化されます。

誰もが知っているジブリアニメという事で、賛否両論様々な意見が飛び交っています。

自分だけの雫と聖司の10年後、というものを想像していた方も多いかと思います。

そして、ジブリの世界観が少し崩れてしまうのではという恐れを持っている方も多いです。

反対意見にはこのような事が多いですが、ジブリアニメとは別物として映画に期待したほうが良いかもしれません!

バロンも出てくるということなので、これからどうなるのか楽しみでもありますね(^^)

スポンサーリンク
エンタメ
News ShootingStar

コメント

タイトルとURLをコピーしました